/

韓国政府、独VWの32車種に販売停止処分

【ソウル=加藤宏一】韓国環境省は2日、排ガス量や騒音のデータを偽装した書類を提出して不法に車両認証を受けたとして、独フォルクスワーゲン(VW)グループの32車種の認証を取り消し、販売を停止する処分を下したと発表した。対象車両は2009年から今年7月25日までVWやアウディブランドで約8万3千台が販売された。排ガス量のデータ偽装に当たる24車種に関連して課徴金178億ウォン(約16億円)の支払いも命じた。

独フォルクスワーゲンの販売店(東京都港区)

環境省は昨年11月にはディーゼル車の排ガス試験の不正を巡り、約12万6千台のリコール(回収・無償修理)と新たな販売の禁止を命じた。今回の処分を受けてVWの韓国法人は「環境省の決定(内容)を綿密に検討し、可能な対応方策を考える」としており、処分取り消しを求める行政訴訟を起こす可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン