/

ミャンマー総選挙、今秋実施を発表

【ヤンゴン=松井基一】ミャンマー選挙管理委員会は1日、2011年春の民主化後初となる総選挙を、10月下旬から11月初旬までのいずれかの時期に実施すると発表した。ミャンマーでは昨年10月、選管幹部が今年秋の総選挙実施を表明したが、その後、国軍と少数民族武装勢力との衝突が激化し、一部で選挙が延期されるとの観測も出ていた。

総選挙では、上下両院の全議席の25%を占める軍人議員の議席を除く約500議席が改選される見通し。旧軍事政権の流れをくむ政権与党、連邦団結発展党(USDP)とアウン・サン・スー・チー氏率いる最大野党、国民民主連盟(NLD)の激戦が予想されている。10年11月に実施された前回総選挙はNLDがボイコットし、USDPが圧勝した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン