/

米食品大手クラフト・フーズ、小麦価格操作の疑い

【シカゴ=野毛洋子】米先物規制当局の商品先物取引委員会(CFTC)は1日、米食品大手のクラフト・フーズ・グループと食品メーカーのモンデリーズ・グローバルを、小麦の価格操作の疑いなどで訴えたと発表した。両社に罰金の支払いなどを求める。

CFTCによると、2011年にクラフトと当時クラフトの傘下にあったモンデリーズは、シカゴ商品取引所で小麦先物を9千万ドル分買った。大口取引で国際指標である先物の価格を操作し、利益を得たとしている。同年には規制量を超える先物の持ち高を保有していたという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン