/

「極度の貧困」7億6千万人 世銀推計、13年時点

【ワシントン=共同】世界銀行は2日、2013年時点で、1日1.9ドル(約190円)未満で暮らす「極度の貧困層」が世界全体で7億6700万人に上り、全人口の10.7%を占めるとの推計を発表した。中国やインドネシア、インドなどの状況改善が寄与し、12年比では1億1400万人減少して、比率は1.7ポイント低下した。

極度の貧困層の割合は減少傾向が続いており、15億人超だった02年から10年ほどで半減した。ただ世銀のキム総裁は、世界経済の不振などが響き「30年までに極度の貧困をなくす国際社会の目標は達成できない恐れがある」と懸念を示している。

世銀によると、極度の貧困層はアフリカのサハラ砂漠以南(サブサハラ)や南アジアに集中。特にサブサハラでは3億8900万人に上り、世界全体の半数以上を占めている。また、17歳以下の子どもが全体の約50%に上るという。

世銀は米首都ワシントンで7~9日に国際通貨基金(IMF)と共に開催する年次総会で、貧困削減に向けた国際社会の取り組み強化を呼び掛ける方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン