トランプ大統領の声明要旨 パリ協定離脱

2017/6/2 9:05
保存
共有
印刷
その他

米国と米国民を守る任務を果たすため、パリ協定から離れる。米国にとってより公正な協定に変えたうえで、再加入するか、全く新しい枠組みをつくる交渉を始める。交渉をして公平な協定ができるかどうか様子を見よう。それができれば素晴らしいし、できなくてもそれはそれで構わない。

パリ協定は米国に不利な合意に政府が参加してしまった代表例の一つだ。一方、他の国々が利益を得て、私の愛する労働者がコストを負担させられている。そして職を失い、賃金が下がり、工場が閉鎖させられている。

本日をもって米国はパリ協定実施をやめる。大きな負担だった緑の気候基金への拠出もやめる。

パリ協定は米経済にマイナスの影響を与えるだけでなく、環境保護という当初の目的も果たしていない。汚染に加担する国々を規制せず、保護が進んでいる米国を罰するような枠組みを支持できない。中国は温暖化ガスの排出を増やし続けることができる。インドは石炭生産を倍増できる。

パリ協定よりはるかに優れた協定をつくろう。それは米国民だけでなく、世界の人々が喜ぶものだ。それができるまで我々は加わらない。

米国が環境問題のリーダーの立場を維持するよう努める。それはあくまで公正で、負担や責任が世界のどの国も同じになるような条件でのみだ。

米国はいつから威厳を失い、笑われる存在となったのか。今後はそうした扱いを受けることはない。私はパリ市民でなく、ピッツバーグ市民を代表して大統領に選ばれた。今こそ離脱の時だ。米国民や企業を守る新たな協定を交渉し、米国を偉大にしよう。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]