マイクロソフト、サムスン提訴 スマホ特許契約で

2014/8/2付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフト(MS)は1日、スマートフォン(スマホ)にかかわる特許の契約不履行を理由に、韓国サムスン電子を提訴したことを明らかにした。MSは2011年にサムスンと結んだ特許の相互利用契約の有効性の確認と、同契約に基づく特許料の支払いを求めている。

MSによると、サムスンはMSがノキア(フィンランド)の携帯端末事業を買収したことで、相互利用契約の前提が崩れたと主張。MSが買収を発表した昨秋以降、特許料の支払期日などを守らなくなったという。サムスンは「訴状の中身を詳細に検討した上で、適切に対応する」との声明を出した。

サムスンがスマホの主力製品に採用する米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」にはMSの特許が使われている。アンドロイドを搭載したスマホのメーカーは販売台数に応じてMSに特許料を支払っている。ただアンドロイド端末が値下がりする中で、MSへの特許料が全体のコストに占める割合が上昇。メーカー各社の悩みの一つになっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]