/

駐日英大使、日本企業の要望を離脱交渉へ収集

英国のヒッチンズ駐日大使は1日、都内で記者会見し、「離脱交渉を欧州連合(EU)とどう進めるべきか、日本企業は我々に要望を出してほしい」と述べた。単一市場アクセスの継続を求める外資企業の生の声を集め、EUとの交渉に生かす考えだ。「意見は大きな影響力を持つ」と強調した。

離脱交渉は「早く結果を出すより、正しい結果を残した方がよい」と時間がかかることに理解を求めた。離脱によって「経済的な悪い影響はある」と認めたものの、中期的には英国経済は健全な状態が続くとした。柔軟な労働市場、低い法人税などの好条件も変わらないとして、日本企業の投資継続を訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン