/

この記事は会員限定です

テスラ、強い光で検知できず? 「自動運転」で死亡事故

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズのセダンで自動運転モードの作動中に死亡事故が起きた。強い太陽の光が当たり、センサーが前を横切るトレーラーを正確に検知できなかった可能性が高い。自動運転技術はまだ発展途上で、課題があることが浮き彫りになった。

テスラや米当局の6月30日の発表によると、同社のセダン「モデルS」が5月、フロリダ州の高速道路を「自動運転モード」で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン