/

この記事は会員限定です

新駐日韓国大使、日本と経済協力に意欲 慰安婦合意履行へ努力

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】1日に就任した韓国の李俊揆(イ・ジュンギュ)新駐日大使は同日までにソウルで日本経済新聞のインタビューに応じた。日韓両国間で金融危機の際に米ドルなどを融通し合う通貨交換(スワップ)の再開や環太平洋経済連携協定(TPP)の参加など日本との経済協力の強化に意欲を表明。従軍慰安婦問題の日韓合意の堅持を明言し、国内の反対派への「説得を続けていく」と強調した。

李氏は今月上旬にも東京に着任す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン