/

この記事は会員限定です

英企業、EU離脱に備え 政権混迷で交渉の不透明感増す

[有料会員限定]

【ロンドン=黄田和宏】英国の企業が英政府による欧州連合(EU)との離脱交渉の結果を待たずに、事業継続を目指した対応に乗り出している。航空会社はEU域内との往来を可能にする対応策を検討。不動産業界ではオフィス需要の冷え込みを見込んだ物件売却が目立つ。離脱交渉に臨むメイ政権は不安定になっており、EU離脱期限となる2019年3月以降の事業環境は一段と不透明さを増している。

英格安航空会社(LCC)最大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン