チベット自治区成立50年 中国、振興強調で不満抑制

2015/9/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国のチベット自治区は1日、成立から50年を迎えた。習近平指導部は交通インフラの整備など経済開発の成果を強調することで、宗教的な抑圧への不満を抑える傾向を強めている。中国の経済大国化とともに国際社会の関与が薄まってきたこともあり、チベット族は懸念を強めている。

習指導部は8月24~25日、2012年の政権発足から初めて「中央チベット工作座談会」を開いた。5年ぶりの開催となる座談…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]