中国初の国産空母か 軍事情報企業が衛星画像3枚公開

2015/10/2付
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】国際軍事情報企業IHSジェーンズは1日、中国・大連の造船施設で建造中の大型船舶の衛星画像3枚を公開した。船舶の詳細は不明だが、中国で建造中とされる初の国産空母の可能性があるとしている。

画像は今年5月1日、6月3日、9月22日に撮影。1枚目には船体の基礎部分や、船首から船尾を貫く竜骨(キール)が写っており、2枚目では新たな骨格の建設が進んでいる様子が捉えられている。3枚目では船首と船の後部がそれぞれ前後に延び、船体が大型化していく様子が分かる。

ジェーンズは「航空機の発着甲板が確認されるまで空母とは断定できない」としつつ「建造のペースが遅いことから、商用でなく軍用の可能性が高い」としている。

中国はウクライナから購入した空母を修復し、2012年から「遼寧」として訓練や研究目的で運用。加えて国産空母の建造も進めていると指摘されてきたが、中国国防省は認めていない。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]