/

この記事は会員限定です

スーパーチューズデー、候補指名争い最大のヤマ場 米大統領選

[有料会員限定]

【ワシントン=吉野直也】米大統領選の民主、共和両党候補の指名争いは1日、予備選と党員集会が集中する最大のヤマ場「スーパーチューズデー」(決戦の火曜日)の投票が始まった。民主党は11州と米領サモア、共和党は11州で予備選・党員集会がある。一部を除いて東部時間深夜(日本時間2日昼)には大勢が判明する。

民主党の代議員総数は4765人、共和党は同2472人で、両党ともスーパーチューズデーで、指名に必要な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン