/

この記事は会員限定です

アフリカ、日本企業に熱視線 専用工業団地やビザ緩和

[有料会員限定]

アフリカで日本企業の投資を誘致する動きが相次いでいる。エチオピア政府は日系企業用の工業団地を開設、アンゴラ政府は査証(ビザ)発給の要件を緩和する。日本企業の誘致で産業を育成し、社会の安定につなげる狙いがある。治安悪化や疫病などのリスクにもかかわらず経済成長は続いており、新たな投資先として日本企業の背中を押しそうだ。

エチオピア政府は年内にも日系企業専用の工業団地を開く。現在造成中の工業団地の一つを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン