/

この記事は会員限定です

英離脱派ゴーブ氏「EUと予備交渉必要」 党首選出馬に批判も

[有料会員限定]

【ロンドン=中西豊紀】辞任を表明したキャメロン英首相の後任を選ぶ保守党党首選に出馬したゴーブ司法相は30日、英国の欧州連合(EU)からの離脱について「正式に通告する前にEUと予備的な条件交渉をする必要がある」と語った。英BBCのインタビューに答えた。離脱派リーダーだった盟友のジョンソン前ロンドン市長を追いやったかたちのゴーブ氏を英メディアは批判的に報じている。

離脱交渉は英国が離脱の意思をEU側に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン