2019年7月20日(土)
トップ > 特集 > 私見卓見 > 記事

株主重視に傾き過ぎた企業統治 黒瀬浩一氏
りそな銀行チーフ・マーケット・ストラテジスト

2016/11/1 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三政権は成長戦略の一環で日本企業の企業統治(ガバナンス)改革を推し進めた。一連の改革では、経済協力開発機構(OECD)のガバナンス原則と英国のガバナンス制度が手本とされた。

ただ、その英国では7月に就任したメイ首相がガバナンス改革をする方針を打ち出した。多くの論点があるが、我が国にとって特に重要なのは、労働者の代表を企業の取締役会メンバーに加える提案だ。というのも日本企業を総体でみれば、メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。