/

この記事は会員限定です

青木昌彦氏死去、経済学者らから悼む声

[有料会員限定]

青木昌彦・米スタンフォード大名誉教授の死去について、生前関係の深かった経済学者からは、同氏が開拓した「比較制度分析」など業績をたたえる声が相次いだ。

岡崎哲二・東大教授 青木氏が提唱した比較制度分析論により、制度という対象を初めて理論的に分析する枠組みが提示された。青木氏はその理論を実際に日本や米国、中国などに応用していった。最近では中国と日本との数百年にわたる税制、所有制度といった制度の歴史の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン