2019年6月18日(火)

時代遅れの米関税政策 リチャード・ボールドウィン氏
ジュネーブ国際高等問題研究所教授

2017/2/20 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米大統領の通商政策は米国の評判とグローバル経済に大きなダメージを与えそうだ。

米労働者の多くはこの20年のあいだ所得が停滞しているのは自由貿易協定のせいと考えている。トランプ氏はグローバル化を批判し、主要経済閣僚に保護貿易主義者を起用することでこうした労働者を「保護」しようとしている。

しかし、この判断は間違いだ。21世紀の問題を20世紀の方法で解決しようとしている。残念ながら時代錯誤の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報