2019年6月25日(火)

乱訴の規制、予想外に浸透 米特許出願6年ぶり減 (真相深層)
前米特許商標庁長官に聞く

2015/8/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

発明を優遇するプロパテント(特許重視)政策で技術革新を促してきた米国で今年度、特許の出願件数が6年ぶりに減少に転じる見通しだ。背景には、特許権者に不利な特許法改正や司法判断が相次いだことがある。日本の知財立国の手本だった米国で何が起きたのか。前米特許商標庁長官のデビッド・カッポス米弁護士(54)に聞いた。

――米国で特許の出願件数が減る見通しです。

「今年度(2014年10月~15年9月末)の米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報