/

この記事は会員限定です

格差・貧困への注目、大きな反響 経済学賞にディートン氏

[有料会員限定]

ディートン氏は人々の消費行動の分析から出発し、貧困問題や、経済格差が健康に与える影響などへと研究領域を広げていった。近年の著作「大脱出」では、人類が病苦や貧困からどうやって抜け出してきたかという歴史を描き、米国で大きな反響を呼んでいた。

フランスの経済学者トマ・ピケティ氏による「21世紀の資本」のブームもあり、近年は経済学の世界でも格差や貧困が注目されている。一橋大学の小塩隆士教授は「今回の受賞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン