2019年7月16日(火)
トップ > 特集 > 私見卓見 > 記事

AIが働く社会と最低生活保障 井上智洋
駒沢大学講師

2016/7/1 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)が私たちの仕事を奪うのかどうか、多くの人が関心を持っているだろう。資本主義の歴史の中で技術の進歩とともに多くの労働者が仕事を失ってきたが、新しい仕事に移る「労働移動」によって失業を解消してきた。だがAIはいずれ、これまでと質・量ともにまったく異なる規模で人の仕事を代替していくだろう。

米グーグルが開発した囲碁AI「アルファ碁」や自動運転技術が注目を浴びているが、これらは「特化型A…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。