2019年7月19日(金)
トップ > 特集 > 私見卓見 > 記事

研究者に余裕を、責任ある育成を 益川敏英氏
名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構機構長

2016/6/20 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の科学技術政策の最近の特徴は、イノベーション(技術革新)を重視していることだ。基礎研究や技術研究をじっくり時間をかけて進めるより、短期的に産業応用などの成果を上げることが奨励されている。世界的な傾向でもあるが、大学などの研究活動を萎縮させている面がある。

研究者は自分の研究について、いつまでにどんな成果が見込まれるか、詳細な計画書を作らなければならなくなった。また、途中で中間評価を受け、計画…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。