/

この記事は会員限定です

米新大統領で揺らぐパリ協定 有馬純氏

東京大学公共政策大学院教授

[有料会員限定]

ドナルド・トランプ氏が米大統領選に当選した。6月の英国の欧州連合(EU)離脱を上回る衝撃である。国際政治・経済への影響は多岐に渡り未知数だが、確実に言えるのは温暖化防止の国際的取り組みにはマイナスの影響を与えるということだ。

選挙前、トランプ氏は「気候変動問題は中国が米国の競争力をそぐためにつくりあげたでっち上げ(hoax)だ」と公言してきた。彼のエネルギー政策は「エネルギー100%自給を達成する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン