2019年7月18日(木)
トップ > 特集 > 私見卓見 > 記事

長時間労働是正が民主主義磨く 湯浅誠氏
法政大学教授

2016/7/18 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)離脱を決めた英国の国民投票を受け、重要な問題を国民投票にかけて良いのかという意見が出ている。確かに国民投票は安易に使っていい手法だとは思わない。でも「どうせ大衆は最善の結果を選べないのだから」というニュアンスを含む批判には違和感を覚える。

民主主義は本当に難しいものだ。結局、今回のような予想外の結果を含めて引き受けて、試行錯誤しながら進むしかないのではないか。そのとき私たちができ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。