/

この記事は会員限定です

京大、人の「臓器」チップに再現 副作用検査に応用

[有料会員限定]

京都大学の亀井謙一郎特定准教授らは、心臓や肝臓の生きた細胞を回路のように並べたチップを開発した。血液に似た液体が回路の中を巡り、臓器になぞらえた細胞の塊が人の体内そっくりにつながる。人のiPS細胞から様々な臓器の細胞を再現し、体内の反応を自在に観察できる。動物実験に頼っていた医薬品の副作用を調べる実験に使え、新薬の開発効率を高めると期待されている。

チップは切符大で、6カ所のカプセルが細い管でつな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン