京大、人の「臓器」チップに再現 副作用検査に応用

2017/2/1 11:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学の亀井謙一郎特定准教授らは、心臓や肝臓の生きた細胞を回路のように並べたチップを開発した。血液に似た液体が回路の中を巡り、臓器になぞらえた細胞の塊が人の体内そっくりにつながる。人のiPS細胞から様々な臓器の細胞を再現し、体内の反応を自在に観察できる。動物実験に頼っていた医薬品の副作用を調べる実験に使え、新薬の開発効率を高めると期待されている。

チップは切符大で、6カ所のカプセルが細い管でつ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]