2019年9月23日(月)

着る「人工筋肉」で荷運び楽に 東工大が織物開発

2015/1/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京工業大学の鈴森康一教授は着るだけで荷物を持ち上げる作業などの負担を軽減できる織物を開発した。空気圧で伸び縮みするゴムチューブ型の人工筋肉が織り込んであり、腰などにかかる力を肩代わりする。手軽に身につけられる介助装置として商品化を目指す。

織物に使った人工筋肉は太さ1.2ミリで、首から腰に向かう縦糸として利用した。横糸は普通の毛糸を使って織り込んだ。試作した織物は長さ約40センチメートル、横幅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。