/

この記事は会員限定です

結核基金事務局長「多剤耐性へ対策急務」 東欧で増加

[有料会員限定]

世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)のマーク・ダイブル事務局長は都内で日本経済新聞の取材に応じ「多剤耐性結核への対策が急務だ」と警鐘を鳴らした。東欧で増加が目立ち、インドネシアや中国、パキスタンなどでも拡大の懸念があるという。

産官学の感染症分野の専門家との意見交換や、政府との協力確認などのため来日した。世界保健機関(WHO)によると世界の結核による死者数は減少傾向が続いてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン