/

この記事は会員限定です

マツタケの人工栽培できる土を開発へ 農水省や信州大

[有料会員限定]

農林水産省などは高級食材として知られるマツタケの人工栽培技術の開発に乗り出す。マツタケが生える土台となるアカマツの根などを含んだ土を温室で再現。5年後をめどにこの技術を自然のアカマツ林で活用し、マツタケが生えるようにする。人工栽培が困難なマツタケは国産もので1キログラムあたり数万円の値がつく。新技術の開発・普及で、手ごろな値段で食卓に上る時代が来るかもしれない。

マツタケはアカマツの根と共生する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません