チップに人体再現、薬効をチェック 東海大・東大など

2014/10/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東海大学の木村啓志講師と東京大学の藤井輝夫教授らは、薬の効き目や副作用を調べる手のひらサイズの「人体チップ」を開発した。プラスチック製の基板上にヒトの腸や肝臓などの細胞を培養し、腸から吸収した抗がん剤が肝臓で代謝され肺がん患部に到達する様子を再現した。新薬を開発する際に動物実験の代わりになる。5年後を目標に実用化をめざす。

 木村講師らは半導体の微細加工技術を駆使し、プラスチックの基板に腸や肝臓、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

藤井輝夫人体チップ東海大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 12:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報