科学技術政策で有識者の新組織 科技相が設立表明

2015/7/28付
保存
共有
印刷
その他

山口俊一科学技術相は28日の閣議後会見で、地方創生に科学技術力を生かすため、「科学技術イノベーションタスクフォース」を設立することを明らかにした。地方では大学や企業、金融機関などとの連携がうまくいっておらず、成功事例が少ないことから、年度内をめどに地方創生につながる科学技術政策をまとめる。

タスクフォースは企業や大学などの有識者7人で構成。座長は東京大学の松原宏教授が務める予定。月1回のペースでタスクフォースを開き、各地域の成功事例を分析し、今後、地方活性化に必要な政策をまとめる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]