JAXA、宇宙ごみ対策の手引書を国際標準化機構に提案

2014/8/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙ごみ(デブリ)対策のための手引書を国際標準化機構(ISO)に提案した。三菱電機やNEC、三菱重工業など人工衛星やロケットのメーカーと協力し、衛星などの廃棄処理の方法や衝突回避への取り組み方などをまとめた。この案を下敷きにしたルールが年内にも制定される見込みで、企業や大学が衛星を設計・開発する際の国際標準となりそうだ。

宇宙ごみは運用を終えた人工衛星や破片、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]