被災住宅の損傷、センサー網で自動通報 東京理科大など実験

2017/1/29 22:56
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京理科大学と情報通信研究機構、仮設住宅などを手掛ける大和リース(大阪市)などは共同で、住宅にセンサー網を張り巡らし、大地震が起きた時の損傷を自動で通報するシステムの実証実験に着手する。3月から大分県にモデル住宅を建設し、人工的に揺らして実験する。損壊した住宅の危険度を迅速に把握し、住民の安全確保と速やかな復興につなげる狙い。

 東京理科大は国内の素材・電機メーカーと、柱や屋根の揺れや荷重、振動数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 21:45
21:30
北陸 21:54
16日 6:32
関西 12:48
16日 6:01
中国 10:53
16日 7:01
四国 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
21:50
12:20

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報