2019年8月18日(日)

ドローンに「手」機能、市販機にも搭載可能 広島大や東工大

2016/10/30 23:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドローン(小型無人機)にものをつかむ「手」を搭載する技術を広島大学や東京工業大学がそれぞれ開発した。災害救助で避難用具を持ち運んだり、手すりにつかまって安定した姿勢で周囲を撮影したりするのが目標だ。飛ぶ能力に手作業の機能が加わり、活用の場面が広がりそうだ。

広島大の高木健准教授らは、飛行姿勢を崩さずに約4キログラムの物体を持てるロボットアームを開発した。肩や肘に相当する関節などでものを持ったとき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。