/

この記事は会員限定です

心筋細胞の死滅促進するたんぱく質特定 朝日生命成人病研

[有料会員限定]

■朝日生命成人病研究所 世古義規・循環器内科部長は順天堂大学と共同で、心筋梗塞が起きたときに、心筋細胞の死滅を促進するたんぱく質を特定した。心筋梗塞を発症したマウスの血中で、濃度が上昇していることがわかった。このたんぱく質に結合して働きを抑える抗体を投与し、心筋梗塞の症状が和らぐことを確かめた。

特定したたんぱく質「ORAIP」は、低酸素状態にして培養した心筋細胞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン