2018年8月15日(水)

前立腺がん、「偽陽性」少ない検査技術 コニカミノルタなど

2015/9/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 コニカミノルタは横浜市立大学の山下克子客員教授と共同で、従来より信頼性の高い前立腺がんの検査技術を開発した。現在のPSA(前立腺特異抗原)検査は、がんではなく、高齢者に多い前立腺肥大でも陽性になってしまうことが多いが、新検査法はがんのみを検出しやすい。5年以内の実用化を目指す。

 PSA検査では血液をとり、前立腺から分泌されるPSAというたんぱく質を調べる。前立腺肥大や炎症など、が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報