/

この記事は会員限定です

インフラ点検 省人化 山口大と大成建設は画像識別

[有料会員限定]

トンネルや橋梁といったコンクリート構造物を熟練作業員に頼らずに点検する技術の開発が相次ぐ。山口大学と大成建設はそれぞれ、小さなひび割れでも画像で高精度に識別。東芝や鹿島は劣化をセンサー技術で監視する。経済成長期にできたインフラをすべて建て替えるのは難しく、適切な維持管理が不可欠。人手不足もあり、点検の手間やコストの削減に向け、実用化を急ぐ。

山口大の河村圭准教授らは、トンネル内の画像から、ひび割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン