/

この記事は会員限定です

ゲノムは「個人情報」、政令に明記へ ルール明確化

[有料会員限定]

政府はヒトの設計図ともいわれるゲノム(全遺伝情報)を個人情報として扱う方針を決め、2016年に定める政令に明記する。25日に開いた専門家会合の結論を受け、改正個人情報保護法の対象に加える。診断や研究に使う遺伝情報収集や、第三者への情報提供を規制する。遺伝子検査ビジネスやゲノムを応用した医療が普及し始めているため、ルールを明確化し情報の適正利用を促す。

ゲノムはすべての細胞のDNAに書き込まれた生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン