/

この記事は会員限定です

STAP「ES細胞混入の可能性」 理研、26日に報告書

新たな論文不正も認定

[有料会員限定]

STAP細胞を巡る問題で理化学研究所の調査委員会が、別の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入した可能性が高いとする報告書をまとめたことが25日、分かった。小保方晴子元研究員らが発表した論文に新たな不正が2件あったとも認定した。調査委は26日午前に記者会見して発表する。

STAP細胞を巡っては、理研は19日に小保方氏らが再現できなかったとする実験結果を発表したうえで、論文が公表された経緯などを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン