2018年7月23日(月)

「H2A」、商業衛星搭載で国内初の打ち上げ

2015/11/24 15:57
保存
共有
印刷
その他

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日午後3時50分、カナダの衛星運用大手テレサットの通信放送衛星を搭載した基幹ロケット「H2A」29号機を種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。日本のロケットが商業衛星を打ち上げるのは初めて。約4時間半後に衛星を分離して軌道に投入する。

 カナダの通信会社の衛星を搭載し、打ち上げられる改良型H2Aロケット29号機=24日午後3時50分、鹿児島県の種子島宇宙センター、共同

 カナダの通信会社の衛星を搭載し、打ち上げられる改良型H2Aロケット29号機=24日午後3時50分、鹿児島県の種子島宇宙センター、共同

 当初の打ち上げ予定時刻は午後3時23分だったが、打ち上げ直前に宇宙センターの東の海上警戒区域内に船舶が進入したため、打ち上げ時刻を遅らせた。

 H2Aロケットの打ち上げは今回で29回目。これまでの成功率は96.4%(28機中27機)で、今回成功すれば96.6%になり、国際的なロケット信頼の基準(95%)を維持できる。

 H2Aは今回、エンジンを見直し衛星の寿命を長持ちさせる工夫を施した。第2段エンジンの燃焼時間を増やし、これまでよりも効率良く軌道に衛星を投入することができるようにした。

 これまで、静止衛星はロケットで一定の高度まで打ち上げ、衛星のエンジンを使って高度3万6千キロメートルの軌道に投入していた。H2Aを打ち上げる種子島は、赤道付近から打ち上げる欧州などの射場に比べて緯度が高い。ロケットからの切り離しから静止軌道に入るまで、衛星が多くの燃料を消費する難点があった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報