/

宇宙政策委、宇宙関連2法案を了承

国の宇宙政策を立案する内閣府の宇宙政策委員会は24日、商業ロケット打ち上げの損害賠償制度などを定める宇宙活動法案と、衛星が撮影した画像の配布を制限する衛星リモートセンシング法案を、了承した。3月に閣議決定し、今国会に提出する方針だ。両法案は宇宙関連企業が求めていたビジネス基盤整備の一環。企業がロケット打ち上げビジネスに新規参入するのを後押しする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン