/

理研理事長に松本・前京大学長 閣議で了承

下村博文文部科学相は24日、理化学研究所の理事長に松本紘・前京都大学長(72)を充てる人事を決め、同日の閣議で了承された。4月1日付で就任する。STAP問題で信用が失墜した理研の信頼回復に取り組む。野依良治理事長(76)は、任期を3年残して31日付で退任する。

松本氏は2014年9月までの6年間京大学長を務めた。在任中はiPS細胞研究所の設立や医学部に飛び入学制度の導入を決めたほか、若手研究者の育成プロジェクトを推進した。専門は宇宙プラズマ物理学。任期は18年3月まで。

理研はSTAP細胞を巡る研究不正問題で、研究者への倫理教育の不備や組織上の問題が明らかになった。

松本 紘氏(まつもと・ひろし)67年(昭42年)京大大学院修了。京大工助手や教授を経て08年に京大学長。奈良県出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン