/

この記事は会員限定です

レアアース、既存技術でも深海採掘は可能 採算性の課題残る

[有料会員限定]

レアアースは全世界の9割以上を産出する中国の政策によって、価格の高騰や供給が不安定になる事態がたびたび起きている。このため、政府は他国からの調達交渉を進めているが、埋蔵量や品質に問題があるなど中国の寡占状態は変わっていない。産業界は使用量の削減やリサイクルの徹底などでしのいでいる。

政府は昨年、海洋政策の指針となる海洋基本計画を改定し、海底のレアアース泥の採掘を目標の一つに掲げた。海底のレアアース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン