/

この記事は会員限定です

パソコンで「究極の暗号」、慶大が要素技術開発

[有料会員限定]

慶応義塾大学の牧英之准教授らは、理論上解読が不可能な「究極の暗号」とされる量子暗号通信を、ノートパソコンなど小型の情報機器でも可能にする要素技術を開発した。情報を送る通信に必要な光源の装置を小型化できる。5~10年後の実用化を目指す。

量子暗号通信は光子と呼ぶ光の粒を1つずつ送り出す光源が必要になる。

新技術はカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)の分子を光らせ、室温で光子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません