三菱原子燃料「合格」 規制委、核燃料加工で3例目

2017/9/20 11:06
保存
共有
印刷
その他

原子力規制委員会は20日、原子力発電所の燃料を製造する三菱原子燃料の加工工場(茨城県東海村)について、新規制基準に基づく安全審査の合格証にあたる「審査書案」をとりまとめた。核燃料加工施設の「合格」は、日本原燃のウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)などに続き3例目となる。

三菱原子燃料は三菱重工業や仏原子力大手のアレバが出資し、加圧水型原発の燃料製造などを手掛けている。2010年6月に審査を申請していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]