/

この記事は会員限定です

理研、STAPの成果に焦り 検証実験打ち切り

[有料会員限定]

理化学研究所は19日の記者会見で、新しい万能細胞として期待を集めていたSTAP細胞を検証実験で「再現できなかった」と正式に発表した。来年3月まで予定していた実験を打ち切る。論文を書いた小保方晴子研究員もSTAP細胞を作れなかった。論文の不正は許されないが、再生医療という注目分野でいち早く成果を出すことが優先され、科学的な厳密さが軽視された面もある。先陣争いの落とし穴が露呈し、科学技術政策のあり方に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン