/

三菱電機、長い話し言葉を正確に文章化

■三菱電機 長い話し言葉を正確に文章化できる音声認識技術を開発した。家電やカーナビゲーションシステムなどを声でスムーズに操作するのに役立つ。2~3年後をめどに製品に応用する方針だ。

従来の音声認識技術は話し言葉が長くなると文章のはじめと終わりで単語のつながりが分からなくなり、正確な意味を認識しにくくなる。新技術ではどんな文章で単語の組み合わせを誤りやすいか、コンピューターにあらかじめ学習させ、結果を修正する。

実験で10人がそれぞれ日本語で講演した15分間の録音データを使い、認識精度を調べた。実用の目安となる9割を超える正解率で、音声を正確に文章化できた。

自然な話し言葉の意味を機器が正しく読み取れると、人が制御用の命令文を覚えなくて済み、操りやすくなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン