/

この記事は会員限定です

国立公園に訪日客呼び込め 環境省、湿原観察やイベント

20年に倍増の1000万人目標

[有料会員限定]

環境省は国立公園に外国人客を呼び込むため、新たな利用促進に乗り出す。自然を生かした国際的なスポーツイベントを開いたり、湿原などを観察しやすくしたりして魅力を世界に発信する。環境保護と両立しながら訪日観光客を呼び込む。政府は成長戦略の一つとして観光振興に力を入れている。2020年までに外国人利用客を現在の2倍強の年間1000万人に拡大するのが目標だ。

今夏までに「国立公園満喫プロジェクト」を始める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン