線虫でがん検査 日立など、19年末の実用化めざす

2017/4/18 12:34
保存
共有
印刷
その他

日立製作所とHIROTSUバイオサイエンス(東京・港)は18日、線虫を使ったがん検査の実用化に向けた共同研究を始めると発表した。患者の尿からがんの匂いをかぎわける線虫を活用し、自動で解析できる装置を開発する。2019年末をめどに実用化を目指す。

プレートを自動で撮影する装置の試作機

体長1ミリメートルほどの線虫はがん患者の尿に近づく性質があり、がんの早期診断への応用が期待されている。イヌと同等以上の嗅覚をもち、微量の物質でも検知できるという。安価に培養できるため、検査費用は1人あたり数千円ですむと見込む。尿を使えば、体を傷つけずに簡便に検査できる。

共同研究では自動で大量に解析できる技術の開発を目指す。培養した線虫や患者の尿を自動でプレートに配置できる装置の開発を進める。プレート上の線虫を撮影して動いた向きを解析し、がんの有無を判別できる技術も開発する。

現在、膵臓(すいぞう)がんや大腸がんなどの患者で臨床研究を進めている。105人の患者で調べ、9割を超える精度でがんを見分けられたという。既存の検査では見つけにくいがんを早期のうちに検出できる可能性があると期待している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]