/

この記事は会員限定です

官民連合でAI開発 トヨタ・理研や15大学

医療や生産現場を効率化

[有料会員限定]

トヨタ自動車NEC、理化学研究所など20以上の企業と研究機関は、医療や製造現場を支える人工知能(AI)を産官学共同で開発する。都内に研究拠点を設け、各社が様々な場面で使いこなせる共通の基幹技術を作る。AIの応用は、米国のグーグルなどが数千億円を投じて新市場を開きつつある。日本も幅広い連携で技術力を高め、直面する高齢化や生産性低迷の課題解決に生かす。

理研の革新知能統合研究センターがAI研究拠点を9月1日に東京駅近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン