/

この記事は会員限定です

液晶TVの消費電力25%減 日亜化学が半導体レーザー

出力1000倍以上、16年製品化目指す

[有料会員限定]

発光ダイオード(LED)大手の日亜化学工業(徳島県阿南市)は従来より1000倍以上の強い光が出る半導体レーザーを開発した。少ない電力で強い光が出せるのが特徴。すでに一部で電機メーカー向けにサンプル出荷を始めており、2016年の製品化を目指す。

日亜化学などによると今回開発した半導体レーザーを使えば、液晶テレビなどのモニターの消費電力はLED使用時に比べて半減する。一般的に液晶テレビの消費電力はモ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません